完全独立型イヤホンの沼 NUARL NT01B編

イヤホン
AirPodsの代わりの相棒に選んだイヤホンは、NUARL NT01Bです。 聴き比べはせず、パッケージが気に入ったので買いました。
おしゃれなパッケージに惹かれて買ってしまいました。

NUARLとは

mtiという日本の貿易をしている会社のオーディオ事業、といった形でしょうか。仕様、設計は日本の会社が行い、中国の工場と契約して生産しているのかなと想像しました。

NT01Bの概要

NUARLの完全独立型イヤホンのベーシックモデルで、2018年11月9日に発売しました。2018年4月27日に発売したNT01の後継機のようです。

仕様

  • Bluetooth 5.0 / Class 2
  • 対応コーデックはSBCとAAC
  • 連続再生時間は5時間
  • イヤホン本体の充電時間は、専用ケースに入れて1.5時間
  • 付属のケース「NT-CASE2」の充電時間は、2時間で、イヤホン本体を2.5回充電可能
  • ケースの充電用の入力はmicro-usb
  • イヤホン本体はカナル型で、iPhoneを制御するボタンが左右それぞれにある
  • 親機である左側が、iPhoneと繋がる
  • 子機である右側が、左側と繋がる

使ってみて

私は音に関してまったくの素人ですので、参考にならないかもしれませんが、感じたことを書いていきます。

 音質

  • 耳に優しい音。はじめは全体的にこもったような印象でしたが、慣れると低音はしっかり鳴っているし、高音も音の粒粒が聴こえます
  • でも、高音はもう少しキラキラしてもいいかもしれない
  • AMラジオでは、声がしっかり、丸みを帯びた優しい音で耳に届くので、非常に聴きやすい

遮音性

  • 付属のイヤーピースは、フィッティングタイプとより深く耳に入れるプラグインタイプの2種類あり、両タイプとも音楽に集中できるレベルで遮音してくれます。トラックが横切るときはさすがに気がつきますが、自転車だと気がつかないかもしれません。
  • AirPodsでは、iPhoneの音量は最大でしたが、NT01Bでは半分以下で十分です

音の切れなささ

  •  東京駅などで子機と親機が切れることは数回あったが、すぐに復帰する。切れてもスムーズに復帰するので、不快感はない
  • 親機とiPhoneが切れるようなことはなかった

イヤホンの操作性

  • イヤホン本体のボタンがイヤホン上部にあるため、人差し指でボタンを、親指でイヤホン本体下部を支えるかたちとなり、次のことが起きました
  • イヤホンが上下にずれる。(AirPodsではタップするだけなので、イヤホンがズレることはありませんでした)
  • イヤホンを手で覆うことになるせいか、子機から音が出なくなることがありました
イヤホン本隊上部にボタンがあります。

ケースの操作性


  • 左側のイヤホンを、向かって左側に入れることが見てわかるようになっており、不便はない
  • イヤホンをケースに入れる、というか置く感じ。磁石でくっつく仕様ではない。蓋をして、イヤホンをケースに押し付けるようなイメージ
  • ケースの蓋にも磁石ではない。閉じるのが中途半端だったせいか、ジャケットのポケットに入れたとき、気づいたら蓋が開いていたことが数回ある
  • 再生中でイヤホン本体をケースにしまうとイヤホンの電源を自動でオフにしてくれる
  • 本機の前身機であるNT01では、蓋が勝手に開いてしまうようなことが報告されていて、後継機である本機ではボタン周りにリブを設け、誤作動を抑止している。半年で改善して市場に投入することは、素直にすごいと思う。
  • イヤホンをケースに入れると充電が開始され、写真のように明かりが見える
イヤホン本体の充電を示す明かり

 質感

  • イヤホン本体は高級感があります
  • ケースは安っぽい

マイク

  • Siriは正確に認識できなかったことが多い(10回中8回は誤認識)。街中では100%誤認識
  • 通話のとき、周りの音も拾っているようで、通話先は非常に聞き取りづらいとのこと

 結論

  • 音は大満足です
  • マイクがとても弱い印象です。「天気」と言うと、「12」と認識されました。AirPodsのマイクは完成度が高かったのだなぁと思いました
  • ケースに磁石が使われていないのが、マイナスポイント。ケースにイヤホンを入れる、ケースの蓋を閉じるといった細かいところでわりと不便。
2018年12月14日に本機(NT01B)の上位機であるNT01AXが発売になったので、マイクの性能を試してみようかなと思います。
タイトルとURLをコピーしました