AirPods Pro用のイヤーチップ「SednaEarfit XELASTEC for AirPods Pro」を使う

スポンサーリンク
SednaEarfit XELASTEC for AirPods Proイヤホン
AZLA SednaEarfit XELASTEC for AirPods Proを購入してみました。結論から言うと、AirPods Proを使っていて感じていた「不安」から解放され、より気軽に音楽を楽しむことができるようになりました。どのような不安から解放されたのか、紹介したいと思います。
[2020/9/11 追記] Amazonで偽物を販売する業者が存在するとのことです。リンク先を楽天(株式会社アユート様の運営するアキハバラe市場様)に変更いたしました。

AZLA SednaEarfit XELASTEC for AirPods Proの概要

AZLA

AZLAは、2017年に設立された韓国のイヤホンメーカーで、日本の輸入代理店は株式会社アユートです。
私は、AZLAのイヤホンは使ったことがありませんが、AZLAのイヤーチップSednaEarfitは愛用していた時期があります。6サイズ展開と少しペコペコするような薄く、適度な硬さのある素材で作られたイヤーチップは、RHA CL750と相性がとても良かったです。

特徴

AirPods Proに付属するイヤーチップは、傘の部分と、本体と接続する部分が同じ素材で一体となった構造です。
対して本製品は、傘の部分と、本体と接続する(マウント)部分とで、それぞれ異なる素材の部品で構成されています。
SednaEarfit XELASTEC for AirPods Pro 傘と、マウント部

傘と、マウント部分が分かれることのメリット

AirPods Proのイヤーチップの取り外しはコツがいる上、割と神経を使います。イヤーチップの根元をしっかり持って引き抜きます。引き抜く際、弱くない衝動がAirPods Proにダメージを与えないか、不安になります。
と言うのも、AirPods Proを購入して9ヶ月くらいですが、すでに2回故障交換をしています。交換理由は「外音取り込みもしくはアクティブノイズキャンセリングのいずれかを有効にしているとき、片側だけ、歩く振動と呼応してプツプツとノイズが発生する」というものです。結局、原因はわかっていませんが、もしかしたら、イヤーチップの取り外すときの衝撃で、本体のマイクに何らか影響を与えてしまったのかもと邪推してしまいます。 そう考えると、本製品では、一度マウント部をAirPods Proにつけてしまえば、傘の部分の交換は、一般的なイヤーチップと同じようにできるため、気軽に傘を交換することができます。
DEKONI Bulletz for AirPods Pro マウント部が破損してしまった
DEKONI Bulletz for AirPods Proは、傘とマウント部が1つになっているため、マウント部が破損したら、傘だけ再利用はできない。高いのに。

傘の部分

公式サイトの説明が非常にわかりやすいので、引用いたします。
傘部分パーツはTPE素材採用により体温で形状が変化して耳にフィットし、耳道の特定部分に負担が掛かることが少なくなり、長時間快適に使用することができます。基本的な設計は通常のXELASTECと同じになりますが、アダプター部分の寸法や装着したままでのケースへの収納などを考慮し、軸の長さを短く再設計。またXELASTECと同じ円形設計になりますが、使用者の体温に合わせて軟化する特性により、使用しているうちに耳道に沿って楕円形に変化、耳へのストレス軽減とイヤホン本来のパフォーマンスを最大限引き出してくれます。それだけでなく、耳に粘性を持ってしっかりフィットしてくれる為、イヤホンの落下を防げる効果も得られます。

https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_3062.php

マウント部分

傘部同様、公式サイトの説明が非常にわかりやすいので、引用いたします。
AirPods Proの優れた機能を最大限発揮する為に最も重要なポイントは、イヤホン本体との密着性です。『SednaEarfit XELASTEC for AirPods Pro』ではそれらを解決する為、マウントアダプターに対し通常では非常に困難な「ウレタンコーティング」を施した点が大きな特徴です。これによってイヤホン本体との密着性が向上することにより、音漏れの防止効果、ベース帯域の音表現の向上、そしてANC(アクティブ・ノイズ・キャンセリング)効果を最大限引き出します。このように音響的な効果も高いことからAZLAではこのマウントアダプターを「Acoustic Mounting Adapter(アコースティック・マウンティング・アダプター)」と名付けました。このウレタンコーティングされたアダプターは音響的な効果と同時に、着脱時のイヤホン本体との摩耗を減らし、ゴミの流入も防止します。また、耳垢流入防止用としてイタリア製高級メッシュフィルターも採用しています。

https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_3062.php

付け心地

  • 傘は、真円に近い形をしていて、耳に入れると、数分かけて耳穴に馴染んでいく
  • 傘の表面は、肌へ吸い付くような感じ。適度な硬さと、この吸い付く感じで耳に固定される
  • 付属のイヤーチップの「魔法のような」イヤーチップをつけていないような感覚ではなく、耳にイヤホンを入れている感覚はしっかりあるが、適切なサイズを選べば、「落としそう」と不安になることはないくらい、安定して耳におさまる
  • 耳から取り外す時、傘だけが耳に残ってしまうこともあるくらい、傘の粘着?と言うか耳への吸い付く感じは強い
左からSednaEarfit XELASTEC for AirPods Pro、AirPods Pro付属のイヤーチップ、DEKONI Bulletz for AirPods Pro
左がSednaEarfit XELASTEC for AirPods Pro、付属のイヤーチップ、DEKONI Bulletz。本製品は、傘が真円なのがわかる。

音の変化

AirPods Pro付属のイヤーチップと比較して、音の輪郭がはっきりとして、適度にふくよかで、好印象です。 なお、傘が耳に馴染むまで数分かかるものの、馴染めばアクティブノイズキャンセリングの効きも、AirPods Proに付属するイヤーチップと同等だと思います。

結論

2020年夏頃に予定されていたコンプライのAirPods Pro用イヤーチップの日本国内での発売が未定になってしまった今、本製品は、多少の短所はあるものの、AirPods Proのイヤーチップの最適解と言っていいと思います。私は先述のような「不安」が解消されたことが本当に嬉しくて、開発や販売に尽力された方々に感謝と敬意を表したいと思います。ありがとうございます。

長所

  • 耳へ安定して収まってくれる。「耳から外れそう」と不安に思うことはないですし、かと言って耳への圧迫感は強くなく、つけ心地が悪いようなことはないです
  • 傘とマウント部が分かれていることで、本体への衝撃を加えてしまう可能性のあるマウント部の取り外しがない
  • サイズが6種類あり、耳に合うものを選びやすい

短所

  • 傘が耳に馴染むまで数分かかる
  • はじめて使って耳から取り外した時に、傘の、マウント部と接続する部分が切れてしまった。保証期間(購入から1週間)内だったので、購入した店で新品に交換した
  • 傘に汚れがつきやすい上、目立つ
タイトルとURLをコピーしました