TextasticでWorking Copyを使って簡単にgit cloneしたファイルを扱う

アプリ
iPad ProでテキストエディタTextasticを使っていて、git cloneをしたい時、Working Copyがおススメです。

Working Copy

Working Copyは、iOS向けのgitクライアントアプリです。

料金

おおかたの機能が無料で利用でき、機能制限を解除するには、2019/08/21時点で1,900円支払う必要があります。

有料で利用できる主な機能

  • リモートサーバーへgit push
  • フォントのカスタマイズ
  • カラースキーマの更新
  • プルリクエストの作成
    などなど
プッシュやプルリクエストなどを使うのであれば、有料でもいいかもしれません。私の場合、cloneができればいいので、無料版を使用しています。

使ってみる

git cloneして、cloneしたディレクトリをTextasticで扱ってみる

githubbitbucket、また、設定をすればAzureやSynology NASなどもWorking Copyで扱えるとのこと。
今回は、githubにあるtomorrow-themeをcloneしたいと思います。

1. cloneする対象の情報をコピーする

対象のリポジトリにある緑色のボタンをタップして、cloneに必要な情報をコピーします。

「clone or download」ボタンをタップします
コピーボタンをタップして、cloneに必要な情報をコピーします

2. Working Copyで、cloneする

次に、Working Copyのアプリに移って、リポジトリを追加するボタンをタップして、clone repositoryをタップします。
「+」をタップします
「clone repository」をタップします
表示されるダイアログで、URLを選択し、先程コピーしたリポジトリの情報をペーストして、cloneをタップします。
コピーしたリポジトリの情報をペーストします
clone中
cloneされました。(tomorrow-theme-2と、サフィックスがついてしまっているのは、この記事を書くのに同じリポジトリを何度もcloneしたためです。)

3. cloneしたフォルダをTextasticのフォルダへドラッグする

Working CopyからTextasticへリポジトリをドラッグします。これで、Textasticで扱えるようになりました。

結論

Working Copyは、アプリ自体でもファイルを開くことができますので、編集しないのであれば、Working Copyだけで完結できるケースもありそうです。コードレビューを移動中にiPadで、ということもできますね。
タイトルとURLをコピーしました