iPadOS 14およびiOS 14で実装された「空間オーディオ」を使う

スポンサーリンク
空間オーディオを試すiPad Pro
2020年9月17日に配信されたiPadOS 14及びiOS14で実装された「空間オーディオ」を使ってみました。
「ヘッドフォン調整」については次の記事で紹介しています。

空間オーディオとは

「空間オーディオ」とは、端的に言うと次のようなことが楽しめることのようです。
  • 対応する映像コンテンツの立体サラウンド(左右だけでなく、頭の上から音が聴こえたりする)再生が楽しめる
  • AirPods Proに搭載する加速度センサーとジャイロセンサーなどを利用して、ユーザーの頭と体が向いている方向をトラッキングしながら、コンテンツの音像をあるべき箇所に正しく定位させる

必要なもの

  • AirPods Pro
  • iPhone 7 以降または以下に該当するモデルの iPad:
    • iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代) 以降
    • iPad Pro 11 インチ
    • iPad Air (第 3 世代)
    • iPad (第 6 世代) 以降
    • iPad mini (第 5 世代)
  • iOS または iPadOS 14 以降
  • Dolby ATMOS、5.1ch、7.1chなど、この機能に対応した App のオーディオビジュアルコンテンツ
対象となるコンテンツは、Appleが配信しているものに限られているようです。NETFLIXのプレミアムの一部には、Dolby ATMOSのコンテンツがあるようですが、今回の検証では対象としていません。
Apple TV+で、Dolby ATMOSのコンテンツ
Apple TV+では、コンテンツごとに対応するフォーマットが明示されている

私が試した環境

  • iPhone 8 / iOS 14
  • iPad Pro (2018) / iPadOS 14
  • AirPods Pro (モデル番号: A2084 / バージョン: 3A283)
  • Dolby ATMOS対応コンテンツ
    • グレイハウンド(Apple tv+)
    • 1917 命をかけた伝令(iTunes Storeでレンタル)

設定手順

  1. 設定>Bluetooth
  2. AirPods Proの右側にあるiボタンをタップ
  3. 空間オーディオをオンにする
iPadOS 14の空間オーディオ設定方法
「機能を試してみる」をタップすると、サンプル音楽で「空間オーディオ」のオン/オフを聴き比べることができます。
空間オーディオを試す

使ってみる

「空間オーディオ」対応のコンテンツかどうかは、コントロールセンターの音量から確認することができます。
空間オーディオのオン/オフをコントロールセンターで確認する確認する
空間オーディオが有効な時のアイコン
空間オーディオに対応したコンテンツを再生しているときは、左のようにアイコンがアニメーションします。

グレイハウンド

空遠く進む飛行機の音が「遠い」「右から左」のように聞こえます。「小さな音が聞こえる」ではなく、「遠い」と感じられるのが空間オーディオの特徴なのかなと思いました。

1917 命をかけた伝令

6時から12時に向けて飛んできた飛行機、背中から頭上を超えて前方に飛んでいく飛行機を感じることができました。
また、例えば、正面でセリフが聞こえている状態で、右方向を向くと、左側からしかセリフが聞こえなくなったりといった、ヘッドトラッキングも体験できました。

結論

空間オーディオは、対象のデバイスとコンテンツがあれば気軽に、没入型なコンテンツを体験できると思いました。ただ、現時点ではこの空間オーディオの対象コンテンツは、Appleから配信されるものの一部に限られています。今後、NETFLIXやAmazon Primeなどでも対応されると、利用範囲が増え、より楽しむ機会が増えそうですね。
余談ですが、AirPods Proで映画を観る機会というのが、今回の検証で初めてだったのですが、ノイズキャンセリングのおかげで没入して鑑賞することができました。静寂の中で語るセリフ、闇夜にドイツ兵が10m先で吐いているのがわかったりと、非常に面白い体験でした。

参考

タイトルとURLをコピーしました