iPad Proでコーディング出来る環境の検討

iPad Pro
手に入れたiPad Proでのコーディング環境について、今までいくつか検討してきました。私の場合、node.jsRuby on railsでのコーディングがやりたかったので、nodeやrubyが実行できるような環境をAWSや自家製のクラウドを用意して、その環境へiPad Proでアクセスする、という方法で環境を整えてきました。

クライアントのアプリ

クライアントで利用するアプリについて、以下の通りいくつか紹介してきました。 現在、prompt2を利用しています。記事にも書きましたが、awsでは表示がおかしくなりますが、自前の環境(raspberrypi)では問題ありませんでした。

キーボード

HHKB BTApple Magic Keyboardを比較検討しました。 HHKBの打鍵感が好きなので、本当はHHKBを使いたいのですが、私の持っているHHKB BTはJIS配列で、iPad ProはUS配列と認識してしまうiOSの仕様があり、諦めました。 とはいえ、Magic Keyboardの打鍵感も悪くなく、また、何よりもiPad Proとの連携が楽チンなのがいいです。一度ペアリングさえしてしまえば、Magic Keyboardの電源を入れて何かキーを叩けばすぐに使えます。

今後、iPad Proでやってみたいこと

せっかくのiPad Proですから、いろいろと試してみたいです。
  • 絵を描く
  • 音楽を作ってみる
Apple Pencilを買ったものの、メモにしか使っていないので、もっと有効活用していきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました