iPad Pro 11インチ( 2018 WiFi + Cellular )を使い始めて1年以上経過して、期待していたことができているか振り返ってみる

スポンサーリンク
iPad Proと外部キーボードのApple Magic KeyboardiPad Pro
iPad Pro 11インチ( 2018 WiFi + Cellular )を使い始めて1年以上経過しました。今年後半には新しいiPad Proが出るかもなどのニュースもありますが、iPad Pro を買って当初の期待通りの効果があったのか、振り返ってみました。

私の、iPad Pro 購入の動機

  • 仕事の効率化
    • Apple Pencilがあればノートの代わりになるかも
    • 社内の資料をiPad Proに入れてペーパーレス
  • 趣味や生活での利便性の向上
    • Cellularモデルにしておけば、通勤中にさくっと使えるかも
    • 外部キーボードがあれば、気軽にコーディングが出来るかも

仕事の効率化、ができたのか

結論から言うと、効率化はできませんでした。

Apple Pencilがあればノートの代わりになるかも

購入した直後は会議などに持って行ってiPad Proでメモを取るなど活用していました。しかし、私の場合、会議の多くが紙に印刷された設計書のレビューでして、赤ペンのほうが役に立つ場面が多く、日に日に会議にiPad Proを持っていく回数は減っていきました。

社内の資料をiPad Proに入れてペーパーレス

iPad Proは個人のものでして、社内のネットワークには入れません。また、社内資料を社外の端末へ移して利用することは社の規定により禁じられており、やりたくてもできませんでした。
iPad ProはPDFビューアーとしてとても優秀で、仕事が捗るなぁと期待していたのですが、残念です。

趣味や生活での利便性の向上はできたのか

Cellularモデルにしておけば、通勤中にさくっと使えるかも

電車通勤ですが、座れることは稀で、つり革を片手に立っていることがほとんどです。そんな状況で、iPad Proを鞄から取り出して、片手で操作をすることは私にはできませんでした。 iPad Proは、スペース的にも状況的にもある程度ゆとりがないと、使えないです。加えて、例えばスタバなど、ゆとりがある状況では、大抵WiFiが用意されていて、Cellularでなくても良かったな、と思うことがしばしばあります。

外部キーボードがあれば、コーディング出来るかも

外出先でアイディアを思いついたら、さくっとiPad Proでコーディング、なんてことを夢見ていましたが、そうそうアイディアも思いつくこともなく、一度も外出先で開発、なんてできませんでした。 また、ローカルで開発環境を構築できないので、例えば、ローカルでRailsでWEBアプリを作る、ということはできません。当初はAWSなどクラウドサービスを活用して実現していましたが、月々いくらか払ってまでやるのであれば、Macbook Airを買ってローカルの環境で開発した方がいいのでは、と疑問を持つようになり、今はAWSも利用していません。 ただ、ブログの更新や、ちょっとした設定の修正であれば、iPad Proでも十分に可能で、実際、スタバで記事の執筆、ブログ公開などはやっています

結論

振り返りというか、反省文のようで、書いていてすごく辛くなってしまいました。使い方や状況によっては、私のような感想を持たないかもしれません。あと「買う前にわかってたでしょ?」というご意見もあると思います。そうです、単純に欲しかったんです 結局、当初期待していたことはほとんど出来ていません。ただし、ブログを始めたり、絵を描いたり、GarageBandで音楽を作ったりと遊べる幅が広がったのは確かで、いままでやろうとしていなかったことが低いハードルでできるので、新しいことを「まず始めてみる」、ということが出来た点は、非常に価値があると思います。
タイトルとURLをコピーしました