2020年4月に聴いて好きになった音楽

スポンサーリンク
音楽
2020年4月も気に入ったアルバムが多くリリースされました。大好きなThundercatの新しいアルバムが出て、もう嬉しくて。Fiona AppleやRINA SAWAYAMAなど、今年の目玉となるアルバムもリリースされました。

Yaeji / WHAT WE DREW

Release Date: 2020/4/2
Yaejiは、アメリカのアーティスト。彼女の紹介は、次の2つの記事が詳しい。アルバムは、ハウスやヒップホップやテクノなどいろいろな音楽が交差していているトラックの上で、特徴的なウィスパーボイスが映える(ように計算されているのだろうけれど)、すごく新しい音楽。 【インタビュー】Yaeji | ルールを壊して好きなものだけで – FNMNL (フェノメナル)
イェジ(Yaeji)ってどんな人? 盟友YonYonが語る、韓国と世界を繋ぐDJの生き方 | Mikiki
Yaeji – WHEN I GROW UP (Official Lyric Video)

Thundercat / It Is What It Is

Release Date: 2020/4/3 Thundercatは、アメリカのベーシスト。スムーズでメロウなのですが、不思議な音が聴こえたりして、奥行き(というか深さ?)がある、すごく面白い音楽。Brainfeederのアーティストは本当に面白いです。
Thundercat – 'Dragonball Durag' (Official Video)

Laura Marling / Song For Our Daughter

Release Date: 2020/4/10 Laura Marlingは、イギリスのフォークシンガー。
Laura Marlingと共同プロデューサーに名を連ねているのは、今作もEthan Johns。ちなみに、Ethan Johnsは、The Beatles、The Who、Eagles、The Clashを手掛けたGlyn Johnsの息子。
The End Of The Affair

RINA SAWAYAMA / SAWAYAMA

Release Date: 2020/4/17
RINA SAWAYAMAは、イギリスで活動するポップシンガー。新潟県出身。昨年、The 1975The Japanese Houseを擁するイギリスのレーベルDirty Hitと契約。
Rina Sawayama、The 1975など擁する〈Dirty Hit〉と契約 ニュー・シングル「STFU!」本日リリース | Spincoaster (スピンコースター) 音は割とハードな印象なのですが、声質が繊細だけど芯があって、すごく強く感じるので、全体的にバランスしていて、格好いい。うん、すごく格好いい。
Rina Sawayama – XS (Official Video)

Fiona Apple / Fetch The Bolt Cutters

Release Date: 2020/4/17
Fiona Appleはアメリカのシンガーソングライターで、前作「The Idler Wheel」から8年ぶりのアルバムが今作。Pitchforkが10年ぶりに10点満点を出したと話題ですが、他誌でも高評価です。 全曲、録音や音のバランスが絶妙で、聴き心地がとても良いです。Bob LudwigTchad Blakeの仕事の凄みを感じました。
Fiona Apple – Fetch The Bolt Cutters (Audio)

Tom Misch & Yussef Dayes / What Kinda Music

Release Date: 2020/4/24
Tom Mischは、イギリスのミュージシャン、プロデューサー、ギタリスト。Yussef Dayesは、イギリスのドラマー。Tom Mischのギターも聴いていて気持ちが良いのですが、想像以上にドラムが気持ちいい。
Tom Misch & Yussef Dayes – Nightrider (feat. Freddie Gibbs)
このアルバムのドキュメンタリー動画も公開されており、興味がありましたらぜひご覧ください。
What Kinda Music – Documentary

Lennon Stella / Three, Two, One.

Release Date: 2020/4/24 今月唯一のジャケットだけ見て選んだアルバム。TIDALだと女性が上から下へ落ちてくるアニメーションの入ったアルバムジャケットで、とても気になってしまいまして。
Lennon Stellaは、カナダの俳優、歌手です。ドラマ未見で恐縮ですが、アメリカのミュージカルドラマ「ナッシュビル」でマディコンラッドを演じていたそうです。
アルバムの曲調は80’sっぽい曲もあれば、しっとりとした聴かせる曲もあり、バラエティにとんでいて、今どきのポップスは幅が広いなぁ。
Lennon Stella – Older Than I Am (Official Video)
YouTubeにないので共有できないのですが、1曲目のMuch Too Muchの80’sっぽいベースが格好良く最高です。

結び

新型コロナウィルスに伴う緊急事態宣言の発令により、在宅勤務が基本となりました。私の場合、音楽の聴取は通勤時間が多かったので、音楽の聴取時間が激減しました。普段であれば、TIDALで気に入ったアルバムに参加したアーティストを辿ったりしているのですが、今月は、事前に良さそう、気になるアルバムをピックアップして聴くというスタイルに変更しました。これから時間を見つけて聴き込んでいきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました