Happy Hacking Keyboard Professional Hybrid Type-Sを使ってみて、いい買い物をしたと思う

スポンサーリンク
HHKB Professional Hybrid Type-Sキーボード
PFU社のHappy Hacking Keyboard Professional Hybrid Type-Sに乗り換えて約二か月が経ちました。感想を一言で表すと、「もっと早く乗り換えればよかった」に尽きます。私が感じた使い心地、使い勝手のよさを紹介したいと思います。

購入の動機

「4台までのマルチペアリング+有線接続」に魅かれた

マルチペアリングに対応したBluetoothキーボードを持っておらず、デバイスを変えるごとにペアリング削除→ペアリングしなおす必要があり、非常に手間でしたので、デバイスごとにキーボードを用意していたわけで、机の上はキーボードだらけでした。もともと、モノとしてキーボードが好きでしたが、ちょっと邪魔だなぁと。断捨離の思いで、集約を試みようと思ったわけです。HHKB Professional Hybrid Type-S導入の結果、キーボードは2台に集約されました。iPad Proには、持ち運びしやすいMagic Keyboardを継続して使います。
デバイス以前今後
自作PCThinkPad TrackPoint Keyboard II
PFU HHKB Lite(有線)
PFU HHKB Hybrid Type-S
会社PCPFU HHKB BTPFU HHKB Hybrid Type-S
MacApple Magic KeyboardPFU HHKB Hybrid Type-S
iPad ProApple Magic KeyboardApple Magic Keyboard
PFU HHKB Hybrid Type-S
iPad Proは、携帯の利便性から、Magic Keyboardは継続して利用する。また、iPadOSは、BluetoothキーボードをUS配列として認識する。私の購入したHHKB Hybrid Type-Sは日本語配列のため、キーの刻印通りに入力されない部分があるため、腰を据えた作業ではMagic Keyboardの出番となる。

使ってみてわかった、HHKB Hybrid Professional Type-Sのいいところ

打鍵音がHHKB BTと比較して、静か

HHKB BTは、甲高い打鍵音でした。それはそれで、打鍵している感があって好きでした。いっぽう、HHKB Hybrid Type-Sは、スコスコという感じで、HHKB BTと比べて30%くらいの音量の打鍵音です。指の腹で押下すればもっと静かかもしれません。

電源オンが1秒以上長押し(HHKB BTは3秒以上長押し)

HHKB Professional Hybrid Type-Sの電源ボタン
電源ボタンを押下する長さが短くなったのが、一番うれしかったことかもしれません。 HHKB BTの起動は、電源ボタンを3秒長押しでした。一方、HHKB Hybrid Type-Sは、電源ボタンを1秒長押しで起動します。わずか2秒の差ではないか、と思われるかもしれませんが、この差でどれだけストレスをかかえていたのかがよくかりました。私にとって3秒は長かったのです。本当に些細なことですが、これが一番うれしかったです。

有線としても使える(HHKB BTは無線のみ)

HHKB Professional Hybrid Type-Sの側面
側面は、左から電源ボタン、電池を格納するスペース、USB-Type-C端子と並ぶ
HHKB Hybrid Type-Sの背面には、USB-TypeCの端子があり、USBでデバイスと接続することが可能です。また、電池の代わりに給電もされます。なお、充電式乾電池への給電はないです。 この有線での接続が地味に便利です。例えば、WindowsでBIOS呼び出すには、Windowsが起動する直前にF2ボタンを押下します。このとき、Bluetoothによる接続が確立していないので、有線のキーボードでないと反応しません。そういう「いざ」というときに有線でも使える、普段は無線でと使い分けることができる点が、非常に心強いです。 HHKB Hybrid Type-Sを有線で接続する際は、デバイスとUSBで接続し、HHKB Hybrid Type-Sの電源を入れてFn + Control + 0を押下します。

4台までマルチペアリング。切り替えもキーボード操作でできる(HHKB BTはマルチペアリング非対応)

HHKB Professional Hybrid Type-SのLED

LEDの状態

状態説明
消灯接続モード・OFFモードの状態
青色点滅(1秒に2回)ペアリング待機モードの状態
青色点滅(1秒に4回)ペアリングモードの状態
青色点灯接続待機モードの状態
橙色点滅橙色1回点滅を30秒間隔で繰り返す場合は、電池残量が少ない状態。
橙色2回点滅を15秒間隔で繰り返す場合は、電池交換が必要

ペアリングなどのキー操作

動作キー操作LED
ペアリング情報登録Fn + Q

Fn + Control + 14
青色点滅(1秒に2回)

速い青色点滅(1秒に4回)
ペアリング情報全削除Fn + Q

Fn + Z + BS
青色点滅(1秒に2回)

橙色点灯→消灯(電源オフ)
ペアリング情報個別削除Fn + Q

Fn + Control + BS + 14
青色点滅(1秒に2回)

橙色点灯→消灯(電源オフ)
使用機器の切り替え
(Bluetooth)
Fn + Control + 14青色点灯→消灯
USB接続に切り替えFn + Control + 0青色点灯→消灯
ペアリングモード解除Fn + X青色点灯→消灯
Winモードに切り替えFn + Control + W消灯
Macモードに切り替えFn + Control + M消灯

Windowsでのペアリングの例

  1. 前項の「ペアリング情報登録」で、設定したい番号(1から4)でキー操作する
  2. 左下の検索枠で「Bluetoothとその他のデバイス」と検索して設定画面を表示する
  3. 上のほうにある「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックする
  4. なんだか黒い画面で「Bluetooth」をクリックする
  5. 「HHKB-Hybrid_n(nは1.で指定した番号)」をクリックして「次へ」をクリックする
  6. 画面に表示されるペアリング用の数字をキーボードで入力しEnterを押下

おわりに

HHKB BTで大変満足していましたが、マルチペアリングと電源ボタン長押し1秒が実装されたHHKB Professional Hybrid Type-Sで、こんなに快適になるとは思ってもみませんでした。キーボードの数が減るのは少し寂しい気もしますが、机の上のスペースが広がり、気持ち的にも余裕が生まれた気がします。
HHKB Hybrid Type-Sとキーボードレスト
キーボードレストとともに。

参考

Happy Hacking Keyboard | PFU
株式会社PFUがお届けする高性能コンパクトキーボード、HHKB・Happy Hacking Keyboardのご紹介ページです。
HHKB Professional Hybrid マニュアル

タイトルとURLをコピーしました