iPad Pro向けのトラックパッド付きキーボード Magic Keyboardを購入するか検討する

スポンサーリンク
iPad Pro
2020年3月18日(木)21時ごろ、AppleがiPad ProMacBook AirとMac Miniをサイレントアップデートしました。帰宅中の電車で、何気なしにAppleのサイトを見たら新しいiPad Proが出てきたのでとても驚きました。 今回、注目したいのは、iPad Pro向けのトラックパッド付きキーボード Magic Keyboardです。私が使用しているiPad Pro 11インチ(2018)とも互換性があるので、購入を検討したいと思っています。

新しいMagic Keyboardの紹介

気に入ったところ(使ってないけど)

所有欲を満たしてくれるデザインとディテール

単純に、どうやってiPad Proを浮かせた状態にしているのか、すごく興味があります。知人からでソースはないのですが、磁石で浮かせているのでは?という話を聞いたりしていて、どうやって実現しているのか、早く実機を見てみたいです。 また、いま使っている純正のカバーは、刻印がなかったので背面にアップルマークの刻印があるのも嬉しいですね。 加えて、キーボードがバックライト付きというのもとてもいいです。Macのようにキーボードを出すと少しずつライトがつくとテンションが上がります。暗がりの中でキーボードを操作するのも安心です。(私にとってはあまり遭遇しないケースですが)

入力が捗りそう

トラックパッドが使えることで入力が捗りそうです。前回、iPadOS13でのマウスを使用した際の違和感を記事にしました。
iPad Pro (iPadOS 13.3)でマウスを使ってみての違和感
新しいiPad ProやiPad Pro向けにトラックパッド付きキーボードが登場するかも、と云った記事を目にします。現時点での最新OSであるiPadOS13でマウスによる操作は可能で、使ってみての違和感を記事にしました。
上記の記事にもある通り、Macのようなジェスチャーができたらいいなと思っていましたが、以下の記事によると、期待して良さそうです。
アップル幹部「iPadにトラックパッドを持ち込んだ理由」を語る - Engadget 日本版
アップルは新iPad Proやトラックパッド付きMagic Keyboard、それに新MacBook Airを発表しましたが、ここ数年の恒例だった3月の新製品イベントは開催されていません。おそらく新型コロナウイルス感染拡大に配慮して、今年は見送られたものと推測されます。 そんななか、同社のソフトウェアエンジニアリング...
打鍵感は、恐らく今使っているMagic Keyboardと変わらない前提です。キー配置について、左右のカーソルキーが小さくなっている点も良いです。ネガティブなことを言うと、Escキーがないことと、後述しますがEnterキー周りが小さくなっていることを指摘します。
Enter左側のキーが小さい

買わない理由を考える

重量やバッテリーの性能がわからない

私は、過去にtouchtype-proというiPad Pro用のケースをkickstarterで支援して手に入れたのですが、重量に耐えられませんでした。 iPad Pro 11inchが493g、Magic Keyboardが231g、touchtype-proが548gで合計すると1,272gになってしまい、MacBook Air(1,290g)と変わらず、iPadの機動性が失われることから、使用を断念しました。 感覚的に、iPad Proを含めて800g、どんなに重くても1,000gを下回るくらいでないと、使わなくなると思います。
また、バッテリーについてどれくらい持つのか、2020年3月20日時点で公表されていません。なお、常用している普通のMagic Keyboardは全然バッテリーが減らないのです。あまり使っていない(1日1時間使うか使わないか)というのもありますが、充電の頻度は多分3ヶ月に一度です。買ってから1年以上経過していますが、私の記憶だと2回か3回くらいしか充電していません。 バックライト付きということもあり、さすがに既存のMagic Keyboardと同じレベルのバッテリー性能は求めませんが、1回2時間くらいで1ヶ月くらい持てば御の字でしょうか。

31,800円(税別)と高い

冷静に考えると、HHKB BTと同じくらいの値段であることに気がつきます。高いよなぁ。

11インチだとEnterキーの左側のキーが小さい

最初に見たAppleの紹介ページではフルサイズだったので、一人で勘違いして歓喜していたのですが、あれは12.9インチの写真でした。Smart Keyboard Folioと同じく、11インチだと物理的にフルサイズは無理なので、妥協しないといけない点かもしれません。もう修行として慣れるしかないかもしれません。
左がSmart Keyboard Folio、右が新しいMagic Keyboard。左右ともにEnterキー左側のキーが小さい。

いろいろ考えて、たどり着かない結論

Magic Keyboardの発売は2020年5月。まだ時間は十分にあるので、検討する楽しみを味わいたいと思いますが、今回の発表で個人的に一番嬉しいのは恐らくトラックパッド対応なのです。 でもそれって、新しいMagic Keyboardだからというより、2020年3月24日に公開が予定されているiPadOS 13.4による対応であり、しかもすでに発売されているMagic Trackpad 2でも対応されるという話なので、もしかしたらMagic Trackpad 2を買えばハッピーになれそうな気もしています。 でも、新しいMagic Keyboardは欲しいなぁ。
タイトルとURLをコピーしました