PR

【訂正2022/10/27】iPadOS 16.1でBluetoothキーボード「HHKB Professional HYBRID Type-S(JIS配列)」をJISと認識するかを確認する

iPad Pro
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

iPadOSは、以前からサードパーティー製のJIS配列のBluetoothキーボードをUS配列と認識しています。2022年10月25日未明に公開されたiPadOS16.1で、HHKB Professional HYBRID Type-S JIS配列を、iPad ProがJIS配列と認識するか、確認しました。

[2022/10/27 追記]とんまのまんと(@mmantle3)様より、設定をすればJIS配列と認識するとご指摘をいただきました。確認したところ、ご指摘の通りでしたので記事の内容を修正いたしました。とんまのまんと様、ありがとうございました。

スポンサーリンク

前提

  • iPadOS 16.1
  • HHKB Hybrid Type-S JIS配列
  • Bluetoothで接続
  • Macモードで接続(Cntl + FN + M
  • 以下に示す方法でiPadOSでJIS配列と認識させる設定を実施

iPadOS16.1でキーボードの配列を認識させる設定

iPadOS16.1は、ペアリングした機器ごとの設定情報を記憶していて、一度JISと設定すれば、次回以降接続した場合でもJISと認識されます。

1.設定アプリの「一般」を選択し、「キーボード」をタップ

2.「ハードウェアキーボード」をタップ

「ハードウェアキーボード」は、Bluetoothでキーボードを接続している時のみ表示されます。

3.「Keyboard Type」をタップ

4.「JIS(日本語)」をタップ

US配列と認識するアプリ

なし

JIS配列と認識するアプリ

  • safari
  • Bear
  • twitter
  • メモ
  • spark
  • Chrome
  • textastic
  • prompt2
  • termius
  • iVim
  • vim

【おまけ】USBで有線接続した場合

HHKB Professional Hybrid Type-Sは、Bluetoothだけでなく、USBケーブルでの接続も可能です。(有線接続して`Ctrl + fn + 0`)仮にBluetoothで接続してJIS配列で設定したとしても、有線で接続した場合、有線用に上記の設定が必要でした。

結論

iPadOS 16.1では、サードパーティ製のJIS配列のキーボードは、接続が有線でも無線でも、設定を施すことで、JIS配列と認識される結果となりました。iPadOSがアップデートされるごとに書いていたこの類の記事も、今回で終わりになりそうです。HHKB JIS配列がiPadOSで気兼ねなく使えるようになるので、使い勝手が変わるかもしれませんね。

コメント