2020年5月に聴いて好きになった音楽

スポンサーリンク
音楽

Charli XCX / how i’m feeling now

Release Date: 2020/5/15 新コロナウィルスの影響でロックダウンされた中で、Charli XCXが自宅で制作したというアルバム。「forever」は、現在のボーイフレンドに向けたラブソングで、離れ離れの難しさを語る一方、彼への強い想いを歌っているようです。

Perfume Genius / Set My Heart on Fire Immediately

Release Date: 2020/5/15 Perfume Geniusの5枚目のアルバム。すごく暗い印象なのですが、ベースのスモーキーさと、スローな美しいメロディで、胸に引っかかるアルバムでした。特にJasonが本当に綺麗な曲です。

Hayley Williams / Petals for Armor

Release Date: 2020/5/8 パラモアのリードボーカルであるHayley Williamsのアルバム。
アルバムとは関係ありませんが、2011年3月11日の東日本大震災の折、自らのギターなどをオークションに出品して、赤十字に寄付されたことを記しておきます。
Celebrities Tweet Thoughts About Japanese Earthquake, Tsunami | Billboard

The 1975 / Notes on a Conditional Form

Release Date: 2020/5/23 The 1975の新譜「Notes on a Conditional Form」。今もコロナウィルスで大変な時期ですが、土曜日の午後に、The Birthday Partyを聴くと少しほっとできたのが嬉しかったです。22曲80分超と大作で聴きごたえ十分です。

Freddie Gibbs & The Alchemist / Alfredo

Release Date: 2020/5/29 Freddie GibbsとThe Alchemistの共同制作アルバム。
私は、Tylor, The Creatorが客演している「Something to Rap About」がスムーズで艶のある曲調で私の好みでした。
アルバムのクレジットを眺めているとEddie SanchoJoe Laportaの名がありました。

結び

2020年5月に発表された音楽とは関係ありませんが、民放のカラオケ番組で歌われていた中森明菜のセカンドラブが胸に刺さったことを契機に、前述の中森明菜や松田聖子などの80年代歌謡曲をちゃんと聴いてみたいなと思っています。
タイトルとURLをコピーしました