2021年8月に聴いて好きになった音楽

スポンサーリンク
音楽
2021年8月は、雨が多かったことと、仕事で忙殺されていて、あまりいい記憶がないです。音楽を聴く時間もあまりなかったのですが、素敵なアルバムがたくさんリリースされました。Try Apple Music

CHVRCHES / Screen Violence

Release Date: Aug 27, 2021
チャーチズは、2011年にスコットランドのグラスゴーで結成されたシンセポップ・トリオです。本作は4枚目のスタジオアルバムです。このアルバムのテーマは孤独、幻滅、恐怖などの感情を包含していますが、一聴して目の前が光で照らされるような前向きな印象を持ちました。それは、Lauren Mayverryの声の美しさと、その声を中心に構築されたとても硬くて冷たいプロダクションによるものかなと思います。

Men I Trust / Untourable Album

Release Date: Aug 25, 2021
メン・アイ・トラストは、2014年に結成されたカナダのケベック州ケベックシティ出身のインディー・エレクトロ・ドリームポップ・トリオ。コロナ禍での製作で、曲作りをしているときは、ツアーで演奏できるとは思っていなかったとのことですが、どうやらツアーできるような見通しで、準備しているようです。日本に来ることがあれば、ぜひライブで見たいと思います。

Cleo Sol / Mother

Release Date: Aug 20, 2021
クレオ・ソルは、イギリスのR&Bシンガーソングライター。本作は2枚目のオリジナルアルバム。プロデューサーは、SAULTやLittle Simzの仕事をしているロンドンを拠点に活躍しているinflo。日曜日の教会や母をイメージさせるアルバムで、エバーグリーンな歌声と、温かみのあるプロダクションで、非常に心が落ち着きました。

Big Red Machine / How Long Do You Think It’s Gonna Last?

Release Date: Aug 27, 2021
ビッグ・レッド・マシーンは、Bon Iverのフロントマン、Justin VernonとThe Nationalのキーボーディスト、Aaron Dessnerのコラボレーションで、2018年6月に結成されました。このアルバムは、Aaron Dessnerの特徴的なプロダクションが強く、最近のTaylor Swiftのスタジオワークのようですが、数多くのアーティストが、リードボーカル、サポートボーカルとして多数客演していて、アルバム全体の彩りを添えています。飽きの来ないアルバムだなぁ。

Jungle / Loving In Stereo

Release Date: Aug 13, 2021
ジャングルは、Josh Lloyd-WatsonTom McFarlandによって2013年に結成された、ロンドンを拠点とする音楽集団です。本作は3枚目のオリジナルアルバム。このアルバム全体にエネルギーとポジティブさが溢れていて、聴いていて元気になれるから大好きです。

Lorde / Solar Power

Release Date: Aug 20, 2021
ロードはニュージーランド出身のポップスター。3枚目のオリジナルアルバムですが、プロデューサーに前作から引き続きJack Antonoff。この手のフォーク調を私は好きなので楽しめましたが、メインストリームのアーティストが軒並み同じような音になってしまうのは時代を表す、ということでしょうか。ロードの新しい神々しさに期待していた人は残念に思うかもしれません。逆に、人間臭いロードに会えたような気がします。

The Killers / Pressure Machine (Abridged)

Release Date: Aug 13, 2021
ザ・キラーズはアメリカの4人組のバンド。シンセポップ、ニューウェイブ、ポストパンク、インディーロック、カントリー、ポップスがいい塩梅のアルバムです。「Pressure Machine」で聴かせてくれるファルセットの美しさは格別でした。

The Bug / Fire

Release Date: Aug 27, 2021
ザ・バグことKevin Martinは、Ninja Tuneと契約しているダブ、ダンスホール、ダブステップのプロデューサーです。超ダークなダンスチューンで、聴いていていろいろな摩擦を感じる、面白い体験でした。ライブ楽しそうだなぁ。あと、アルバムのシルクスクリーンが素敵で、LPで実物を見てみたい。

Kanye West / Donda

Release Date: Aug 29, 2021
カニエ・ウェストはアメリカのラッパー・プロデューサー。本作は3度の延期の末、2021年8月29日にリリースされた10枚目のスタジオアルバムです。タイトルは、カニエ・ウェストの亡き母Donda Westにちなんで名づけられました。
ブリブリのベースと、凝りに凝ったスネア、Sunday Service Choirの神々しい歌声、新しい音楽体験でした。

Indigo De Souza / Any Shape You Take

Release Date: Aug 27, 2021
インディゴ・デ・ソウザは、アメリカのカリフォルニアを拠点に活動するシンガーソングライター。本作は2枚目のオリジナルアルバム。美しい歌声と、Brad Cookのプロダクションが冴えていてものすごく格好いいインディーロックアルバムです。
Try Apple Music
タイトルとURLをコピーしました