iPad Pro用に外部キーボードを検討する Magic Keyboard編

iPad Pro
iPad Pro(2018)でAppleのMagic Keyboard(JIS配列)を利用してみました。

前提

  • iOS 12.1

iPad Proとのペアリング

キーボード本体の電源を入れ、何かキーを叩く、これだけでペアリングしてくれます。
また、次回以降の接続も電源を入れ、キーを叩くだけで、とても楽です。また、接続も安定しており、キー操作に集中することができます。

かな入力・直接入力の切り替え

Macと同じく、スペースキーの左右にある英数キー、かなキーで入力を切り替えます。また、Cntl + スペース でも切り替えが可能です。 また、JIS配列ですが、iPad ProはMagic KeyboardをしっかりJIS配列と認識しており、HHKB BT(JIS配列)のようにキートップに印字された文字と実際に入力される文字に違いはありません。

問題点

特にありません。 強いて言えば、HHKBと比べると打鍵感が異なる点でしょうか。 HHKBの深いストロークに対して、Magic KeyboardはノートPCのようにストロークが浅いです。ですが、ストロークが浅くてもキートップが上下左右に動かないせいか、指がキーの芯を捉えてしっかりと安定して打鍵が出来ているような気がして、とても満足しています。

結論

231gと軽く、そして薄いため、PC携帯用のバッグにiPad Proと一緒に入れて携帯しています。 iPad Pro用に、Smart Keyboard Folioがありますが、打鍵感に違和感を感じるようでしたら、Magic Keyboardを検討されてはいかがでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました