NCASE M1を台湾のメーカーページから購入する

NCASE M1のページ自作PC
NCASE M1は、コンパクトでおしゃれなPCケースです。一目惚れしてしまい、(その割にはあまり調べずに)台湾のメーカーページから購入しました。あとで調べてわかったのですが、2021年3月時点で日本での取り扱いはオリオスペックさんで確認できました。 台湾のメーカーページから購入して、届くまでの経緯を紹介したいと思います。

届くまでの流れ

NCASE M1に関するおさらい

NCASE M1は、SFFLABという台湾のクリエイターの集団の1つのプロダクトのようです。SFFLABでは、Mini-ITXの素敵なケースをいくつか開発しています。A4-SFXというプロダクトもシンプルで小型でとても格好いいです。ちなみに、SFFとはSmall Form Factorの略で、小さなPCということです。SFFで検索してみると、小さいケースにとてもきれいな配線でまとめたり、創意工夫したPCがいろいろ出てきて楽しいですね。
SFFLABのページ

NCASE M1のメーカーページで注文する

NCASE M1のページ
NCASE M1のページで注文します。
  1. 2021年3月時点で、最新のバージョンはv6.1です。
  2. 色はブラックかシルバーを選択できます。
  3. あまり馴染みがなかったのが、SHIPPING DATEというものです。たぶん、在庫を抱えずに受注生産するのにバッチでまとめて作りたいのかな、と邪推しました。私は、直近の期間を選択しました
  4. QUANTITYでほしい数を選択します
  5. あとは通常の通販と同じです。
  6. 支払方法はクレジットカードやGoogle Pay、shop Payが利用できます。私はshop Payを利用いたしました。
  7. 送付方法は2種類選べます。私は上のTWPS AIR 1_10を選択しました。
送料は届く期間で2種類選択することができる

時系列

あくまで参考ですが、注文から3週間かからないくらいで到着しました。なお、関税は発生しませんでした。
2021年2月11日(木): SHIPPING DATEはそのとき選択できる直近の「January 18th-21st」で注文。Januaryは誤記で、のちに訂正された。
2021年2月19日(金): 集荷
2021年2月23日(火): 台湾発
2021年2月25日(木): 川崎東郵便局着
2021年2月26日(金): 郵便局の手によって手元に届く

おわりに

指折り数えて、届くのを待っていました。オリオスペックさんを早く知っていたら、そちらで購入していたかもしれません。直販の1.3倍の価値は、在庫があればすぐに手に入るのと、初期不良の対応が日本国内で完結する利便性だと思います。もし、気長に待つ選択をしたとしても、だいたいこんなスケジュール感で届くことがわかれば、安心して気長に待てるかなと思い、体験を記事にしました。お役に立てたら幸いです。
タイトルとURLをコピーしました