Windowsで利用できるiCloudのサービス

スポンサーリンク
icloudのイメージ自作PC
iPhone、iPad、MacとAppleのエコサイクルの中で生活していると、いろいろなものがシームレスに共有できて便利でした。例えば、すべてのAppleデバイスでWeb上のIDやパスワードを共有できたり、iPhoneでコピーしたテキストをiPadでペーストできたり。 そんな便利だったエコサイクルから、はみ出した存在となる私の自作PCはWindowsですので、自作PCをメインに使うとなると少し不便になるかなと思いましたが、iCloudを使えば一部のAppleサービスをWindowsでも利用できることがわかりひと安心。使い勝手などを記事にしたいと思います。

iCloudとは

iCloudは、Appleが提供するストレージサービスです。iCloudを使用すると、あるデバイスで行った変更がその他すべてのデバイスに表示されます。また、iCloud.com上で、「写真」、「メール」、「メモ」など、お気に入りのAppのWebバージョンを利用することもできます。対応するWebブラウザからサインインするだけです。Appleサポート記事「デバイスのブラウザで利用できるiCloud.comの機能について」を参照してください。
icloudのイメージ
iCloudのイメージ。iCloudを中心に、インターネットを介してデータを共有する

前提

  • iPhone、iPad、MacなどAppleデバイスでiCloudを設定して、Apple IDでサインインしておくこと
  • サインインしているアカウントは、2ファクタ認証が有効となっていること
  • PCのOSは、Windows10で、iCloud for Windowsがインストールされていること。ちなみに私が試したバージョンは12.2です
Windows用iCloudは、Microsoft Storeからダウンロードできます。
iCloud for Windows
Windows用PCでも利用したい機能やコンテンツを選択して、右下の適用をクリックすればOKです。

WindowsのiCloudでできること

AppleデバイスでiCloudを設定している環境があれば、iCloud for Windowsを設定して、iCloudにある写真やビデオ、メールやファイル、safariのパスワードなどの情報にWindowsPCからでも便利に使えるというものです。

iCloudに保存した写真を参照、保存する

iCloud 写真

iCloud Driveに保存されているファイルやフォルダを参照、共有する

iCloud Drive

iCloudに保存したsafariのパスワードをWindowsで使う

iCloud for Windowsバージョン12以降を使用している場合、iCloudに保存されているSafariパスワードにWindowsコンピュータからアクセスできます。iCloud Passwords拡張機能を使用することにより、Google Chromeでパスワードが利用可能になります。
safariのパスワードを利用すると決めたら、Chromeのパスワード保存機能は停止しておいたほうがよいです。使い分けることができればいいのかもしれませんが、私はこちらを参考にChromeのパスワード保存機能を無効にしました。
iCloudのパスワードをWindowsのchromeで使う
Windowsで使うiCloudパスワードのイメージ。右下の通知は、スクリーンショットで撮影できなかったが、丸印あたりに通知で確認コードが表示される。
iCloudのパスワードをWindowsのchromeで使う

結び

私にとって、Windowsでもsafariのパスワードが利用できることが本当に便利で助かっています。これであとAirDropがWindwosなどAppleデバイス以外でも対応してくれると、何も言うことないのですが。
タイトルとURLをコピーしました